わきの永久脱毛と体質について

自己処理せずに永久脱毛

わきの永久脱毛をするのは人気が高いですし、体質的に皮膚の弱い人にも向いている脱毛方法です。 日頃から皮膚が弱くて、乾燥しやすいとか刺激を受けやすい人は、自己処理は危険な行為になります。

カミソリでのシェービングは簡単な手段ですが、剃ったあとの皮膚はヒリヒリしたり、水分が染みやすくなります。 これは皮膚に、カミソリの刃が小さい傷をたくさん付けているためです。 目には見えないくらいの傷をつけているので、弱い皮膚はさらにバリア機能を失うことになります。 肌状態はますます悪い方向に向かいますから、カミソリなどでの自己処理は、ムダ毛処理をしながら肌までダメージを与えていることになります。

永久脱毛をすることによって、わきのムダ毛の量は少なくなり、やがて生えては来なくなります。 永久的に生えてこなくなれば、永久的にカミソリで自己処理もなくなります。 ダメージを与えないことになるので、肌は健康な状態へと回復がしやすくなります。