脱毛サロンと医療脱毛の違いは

脱毛サロンと医療脱毛の違いは、効果を比較すると実感できます。
脱毛サロンでは、使用する脱毛マシンの出力は低めに設定されています。
脱毛サロンは医療機関ではありませんから、高い出力での脱毛は法律で禁止されているのです。

人の体にレーザーを照射することは医療行為にあたりますから、脱毛サロンで行うことはできないのです。
出力の弱いレーザーしか照射できないのですから、当然の事ながら脱毛効果はそれだけ低いものになります。
医療脱毛はでは、国家資格を有する医師もしくは看護師により施術を行いますから、脱毛マシンの出力も高く設定できます。

初回の脱毛後から、ムダ毛が減ったと実感することができます。
それは、サロンの脱毛に比べて、3回分以上とも言われています。
脱毛後も1ヶ月以上も自己処理をする必要はなくなります。
早くムダ毛のコンプレックスから解放されたいのであれば、医療機関での脱毛がオススメです。
医療機関なら、3、4回の脱毛でムダ毛は半分に減り、5、6回の脱毛でほぼ自己処理の必要がなくなります。