ダイオードレーザー

足の脱毛

ダイオードレーザーは、医療レーザー脱毛に用いられている機器の中でも特に安全性が高く、トラブルの起きにくい機種として知られています。
シェアも国内ではトップとなっており、多くのクリニックで使用されていて、すでに多くの実績があるので安心です。 痛みが強いといわれる医療レーザー脱毛の中でも、ダイオードレーザーは比較的痛みが少ないものです。

また、出力・パルス幅を肌や毛の状態に応じて調整できるので、色黒の肌や色素沈着のある部分でも脱毛できますし、細い産毛もきれいに処理できます。
日本人の肌色に合わせて開発されたダイオードレーザーは、比較的肌への負担が少なく、熟練の施術者によって施術されれば肌トラブルを起こすことはまずありません。 しかし照射直後はやはり普段よりも肌が敏感になっているため、きちんとしたアフターケアが必要です。

クリニックでは状態を見て必要であれば冷却や消炎剤の塗布といった処置を行い、外用薬を処方してくれるころもあります。 帰宅しても腫れや赤みが引かない場合はそれを使いましょう。
また、肌を保護するため紫外線対策や保湿ケアもいつも以上にしっかりと行う必要があります。 肌の状態がよいほど、次の施術も痛みが少なくて済みます。