産毛に対応した病院を選択する

医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と同様で、黒色のメラニン色素に反応する特殊な光を肌へ照射する事で毛を加熱させ、発毛組織部分の細胞を破壊するメカニズムとなっています。
このような理由から、医療レーザー脱毛及びフラッシュ脱毛でムダ毛を処理する際は注意点があり、基本的に色素が薄い産毛を脱毛しにくい特性を持つので、細かい毛が残るなど不完全な状態で終わってしまう可能性が考えられます。

近年における病院やクリニックは、医療レーザー脱毛で使用する機器自体を改良・調整し、色素の薄い毛に対しても効果が発揮できるような仕組みを整えている傾向にあるので、特に顔脱毛コースなどを提供している施設を選択すれば産毛もまとめて処理できる確率は高いと言えます。

また、カウンセリングの段階においても部位ごとに完全な脱毛が可能かを相談する事は可能なので、事前情報から効果の見込める病院やクリニックを選択し、契約するのが最も望ましい状況となります。