レーザー脱毛に向いていない人とは?肌トラブルが起こりやすい敏感肌

向いてない人もいます

今や脱毛の代名詞ともなりつつあるレーザー脱毛。
効果の高さから大変人気が高い脱毛方法なのですが、実はこの脱毛方法に向いていない人もいますので、自分に合っているかどうかをじっくり吟味してから施術を受けることが大切です。

どのような人が向いていないかというと、それは肌が敏感で肌トラブルが起きやすい人です。
レーザー脱毛は脱毛の威力が強い半面、肌への刺激がやや強いという特徴があります。
医療用の高出力レーザーで処理を行うため、1回の施術でもしっかりと脱毛効果を与えられるのですが、その分レーザーの照射時には大きな熱ダメージが毛根に伝わります。
その際に肌に伝わる痛みは、エステのフラッシュ脱毛に比べると少々強くなっています。
肌が弱い人が施術を受ける場合には肌に赤みが出たり軽いやけどのような状態となってしまう可能性はゼロではありません。

このような理由から、レーザー脱毛は皮膚が薄く痛みを感じやすいという人や、刺激を受けやすい敏感肌の人には不向きな脱毛方法と言われることもあります。